FX|バイナリー|比較

テクニカル分析でFXをより強固に

ty8e FXは通貨を銘柄にした金融商品になります。2つの異なる通貨を一組のペアとして、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用し、互いに売買を繰り返していきながら、その為替差益を求めていきながら資産を運用していく投資取引です。

FXでの取引きの流れは、新規の売買注文を行って通貨を保持し、その通貨の価値が為替レートの変動で変化していくのを待ち、利益ないし損失が出た場合などは、通貨に決済注文を入れて売買してその評価損益を確定していく、というものになります。

ここから見て取れるように、FX取引においては外国為替市場の為替相場の変動は、そのすべてと言ってもよく、為替レートをいかに分析して予測していくか、という事がFXで成功するか、失敗するかの分岐点になるのです。

為替相場の分析には、世界経済や国や地域の政策、経済状況などの情報を集めて分析をしていくファンダメンタル分析と、為替れートの値動きに特化し、その数値や過去の動きなどからチャート図や指標を作成して読み解いていくテクニカル分析の2つがあります。
このうちのテクニカル分析には、その用途や分析目的により実に様々なチャートや指標が存在しており、その中の一つに移動平均線、というものがあります。

移動平均線は、定めた期間分の終値の平均値を出して点に置き換え、それをずらして平均値の点を作っていき線でつなげたものになります。
この移動平均点は、細かな上下や、時に大きな乱高下を繰り返しながら進んでいく為替レートの変動が、平均していくとどのように推移していたのか、という事を表しており、それを視覚的に分かるように図表化したものになります。

この移動平均線は一つではなく、どのぐらいの期間を平均値にするのか、という設定によって様々に変化します。
例えば5日間の終値の平均値を出してつなげっていったものを5日移動平均線、同じように25日間の終値の平均値で作成するものを25日平均線、また週単位で作成するものもあり、13週移動平均線などと呼ばれています。

このように設定に違いを設けているのには理由があり、それぞれの設定によって、分析できる内容や使用目的が違ったりするからなのです。
ですので、この移動平均線を利用しても、その用途が違ってしまっていた場合には、意味を成さないばかりか、間違った情報から予測を立ててしまう可能性もあるので大変危険であり、しっかりと内容を把握して、目的意図と合わせていく必要があります。

また、一つのテクニカル分析だけではなく、多数のチャート図や指標を組み合わせることで、分析の精度を上げてより予測に根拠を持たせることもできますので、少々の知識と経験則が必要になってはくるのですが、複雑に変動を繰り返している為替相場を読み解いていく為には、必ず有効的な効果を発揮するものですので、テクニカル分析に慣れていくことをお勧めします。